イビサクリーム 使い方

イビサクリームの効果を得るための使い方

デリケートゾーンのくすみを改善するために商品化されたイビサクリームですが、その他にも脇やバストトップ、顔のシミにも使うことができるため、肌に悩みを持つ女性から支持を獲得していますね!

しかし、使ってすぐに黒ずみがなくなるというものではありません。

肌にはターンオーバー周期があり、そのサイクルに合わせて肌のメラニンを解消に導いていきます。

そのため、目に見える効果を得るためには、ある期間使用するのではなく、使い始めたら朝晩1回ずつ、1日2回を毎日継続して使う必要があります。

もし面倒であればお風呂上りに1回使うだけでも良いと言われています!

シャワーの後など清潔で血行か良好な時に気になっている部分に塗ることで、さらに高い成果を与えてくれることになります。

このタイミングで使うことにより、肌への吸収力も高まるので、くすみや黒ずみ解消の効果もより一層実感しやすくなることに繋がります!

つまり、お風呂上りはスキンケア対策の絶妙なタイミングなのです!

その後は心と体をリラックスさせながら体温を落ち着かせるまで、ゆっくり過ごす事も大切です。

そのように使用することで、配合された天然美白成分が肌に優しくアプローチしながらくすみや黒ずみ、シミをキレイにする効果が期待できるのです。

 

イビサクリームの塗り方

以前のような肌状態を取り戻すような効果を得るためには続ける事はもちろんですが、使う量にも配慮するとさらに効率的です。

なるべく早く黒ずみを綺麗にしたくて、たくさんつけたくなる気持ちもわかりますが、たくさんにつければ良いというものでは決してありません。

1回分の目安としては、黒ずんでいる部分だけでなく、その周りも合わせ範囲1㎝も塗ることで、より効率的に解消に導くことができるはずです。

公式サイトでもそのような塗り方を解説していますね。

目視確認できるまでには代謝サイクルを含めて最低でも2ヶ月~3ヶ月は様子をみると言われていますが、基本的な使い方を実施することで、より好結果な効果を得ることに繋がります!

1日2回以上使っても大丈夫?

イビサクリームは基本的には朝と晩1日2回使用することにより、効果を与えてくれる美白クリームです。

「くすんだ部分がどうしても気になってしまう!」と悩む方は1日2回と限らず、それ以上使用することも可能です。

要するに1日数回、メラニンが蓄積された沈着部分にピンポイントでクリームを塗ることもできるのです。

無添加天然で刺激がほとんど感じられない成分だから安心して使うことができるのはイビサクリームのメリットでしょうね。

◆関連記事
>>イビサクリームの効果で理想の素肌へ!【解説動画付き】